カーテンってクリーニングするべき?みんなが知りたい料金相場・頻度・日数についてまとめて解説

クリーニング(衣類別)カーテン

カーテンクリーニングサムネイル

クリロナアイコン
クリロナ
どうも!
「夕飯何食べたい?」って聞いたら「なんでもいい」って言うから、「じゃあ八宝菜にするね?」って一応確認とったら、「えぇ〜〜」ってめちゃめちゃ嫌がられることってあるよね』
でおなじみ、専業主夫のクリロナです!

じゃあ食べたい物言えや!ってなりますよね(笑)

さあ、関係ないあるあるはさておき、今日も楽しくクリーニングの話していきましょう!今回のお悩みはこちら!

キム宅くんアイコン
キム宅くん
カーテンが汚れてきたような気がするんだけど、そもそもカーテンってクリーニングするものなの?
クリーニング代も、かかる日数も、どういうお店に出したらいいかも、何も分からない!教えてクリスティアーノ!

僕もクリーニングに詳しくなる前までは、カーテンをクリーニングするなんて考えたこともなかったです。
汚れが気になりだしても、どうすればいいか分からないですよね。

てなわけで今回は、カーテンのクリーニングについてみなさんが気になる、クリーニングの料金相場・頻度・かかる日数などに加え、おすすめのクリーニング業者もご紹介!

この記事を読めば、お金と手間をかけずにカーテンのクリーニングを済ませることができますよ!

カーテンはクリーニングした方がいいの?

これまで、カーテンを一度もクリーニングに出したことがないという人は、以外と多いんじゃないでしょうか。

やりたくても持ち運びが大変だし、予備のカーテンがない場合なんかは外から丸見えになってしまうので、クリーニングに出すのも億劫ですよね。

でも、カーテンのクリーニングは必要です。
やらずに放置してしまうと、下記のような状態になってしまいます。

カーテンをクリーニングしないと…

  • 埃っぽくなる
  • カビが発生する
  • タバコ煙や料理の臭いが染み付く

汚れに気が付きにくいかもしれませんが、カーテンってわりと汚れているものなんです。

たとえ表面は綺麗に見えても、裏面を見たらカビが生えていたなんてのは結構あるあるです。

クリロナアイコン
クリロナ
まずは自宅のカーテンの状態を今一度確認してみて、ちょっとまずいかなと思ったらクリーニングに出すようにしましょう。

ドレープカーテンの洗濯はめんどくさすぎるのでおすすめしません

「カーテンをクリーニング店まで持ち運ぶのがめんどうだし、値段も高そうだからできるなら洗濯で済ませたい」と考えている方もいるかもしれませんが、『個人的には、レースカーテンは洗濯でもOK』、『ドレープカーテンは洗濯はやめたほうがいい』と思っています。

ドレープカーテンの洗濯をおすすめしない理由は、下記のとおりです。

  • 汚れが完全に落ちない
  • 生地がすぐ傷む
  • 乾燥が難しい(カビの原因になる)
  • めちゃくちゃめんどくさい

カーテンは『水洗い不可』のマークがなければ洗濯は可能です。
レースカーテンであれば汚れが落ちやすく乾燥もしやすいので、自宅で洗濯はそこまで大変ではありません。

ただ、ドレープカーテンはハイパーめんどくさいくせに汚れは完全に落ちないわ、生地は傷むわ、乾燥が大変だわでデメリット満載です。

僕自身、一度だけドレープカーテンを洗濯したことがありますが、しんどすぎて途中で後悔しました。

クリーニングした方が絶対良いですし、洗濯するくらいなら汚いまま放置の方がマシかなと思ってしまいました。

クリロナアイコン
クリロナ
クリーニング代を節約したい方は、レースカーテンを家庭で洗濯して、ドレープカーテンはクリーニングに出すのがおすすめです。

カーテンの適切なクリーニング頻度は?

適切なクリーニングの頻度は、下記が目安になります。

カーテンのクリーニング頻度は

レースカーテン
年2、3回
ドレープカーテン
年1回

レースカーテンは結露や花粉、外からの埃・塵などが原因となって汚れやすいため、最低でも年に2、3回はクリーニング、もしくは洗濯が必要と言われています。

逆に、比較的汚れが付きにくいドレープカーテンは年に最低1回程度やれば及第点と言えるでしょう。

クリロナアイコン
クリロナ
めんどくさいからといってカーテンを数年間放置してしまうと、汚れが落ちにくくなってしまい後悔することも無きにしも非ずですので、最低でもこれくらいはやるべきです!

とはいえ上記はあくまで目安で、生活スタイルによってカーテンが汚れるスピードも変わってくるので、基本的には汚れが気になったらクリーニングに出しましょう。

例えばペットを飼っていたり、自宅で焼き肉パーティーやたこ焼きパーティーなどをぼとぼちやったりする場合なんかは、レースカーテンで2ヵ月に1回、ドレープカーテンで半年に1回くらいがベストな頻度です。

カーテンのクリーニングにかかる日数は?

カーテンのクリーニングにかかる日数は、5日~10日程度のクリーニング店が大半です。
やはり普通の衣類と違って、ある程度日数はかかってしまいます。

とはいえ、5日~10日というのはあくまで目安。当日仕上げが可能なクリーニング店もちゃんとあります。
例えば、この記事の最後に紹介するカーテンクリーニングに最もおすすめな白洋舎なんかがそうです。

予備のカーテンがない場合なんかは、仕上がりまでの間ずっと外から部屋が丸見えになってしまいますが、当日仕上げならばクリーニングに出すのを躊躇することもなくなりますよね。

あとは、予備のカーテンがない家庭向けに、400円程度の紙の代用カーテンを販売しているクリーニング店もあるので、家庭の状況によって上手くお店選びをすると良いと思います。

カーテンクリーニングの料金相場は

カーテンのクリーニングの料金は、大きさや素材によって変わってきます。
もちろんお店によって値段はピンキリですが、一般的なクリーニング店は下記のような料金設定です。

種類 料金
レースカーテン 450円~/1㎡
ドレープカーテン 500円~/1㎡
ドレープ遮光カーテン 650円~/1㎡
カーテンタッセル
(束ねるバンド)
300円~/1本
カビ落とし 3,000円~/1枚
染み抜き 3,000円~/枚

ザックリですがカーテンクリーニングの料金相場はこんな感じです。
一番多い幅100cm × 高さ180cmのカーテンだと、レースは800円くらい、通常のドレープは900円くらい、遮光ドレープだと1,200円くらいです。

プラスで染み抜き、またはカビ取りをしてもらう場合は3,000円程度の追加料金がかかります。

あとは、素材がデリケートなシルクや薄手のカーテンはもう少し料金が高くなることもありますね。

クリロナアイコン
クリロナ
普通にクリーニングする分には案外安いので、定期的にクリーニングしたほうがいいと思います。
長期間クリーニングせずに、カビが発生したり、シミが取れにくくなったりした状態だとかなり料金が高くなってしまいますからね。

カーテンクリーニングには白洋舎がおすすめ

白洋舎の詳細

仕上がり期間
最短当日
宅配サービス
あり(送料1,600円)
申し込み方法
ネット

カーテンクリーニングには白洋舎がおすすめです。
白洋舎と言えば品質がウリで、高級クリーニング店として超有名ですが、なぜかカーテンのクリーニングはかなりリーズナブル。

一般的なクリーニングと変わらない価格で高品質なサービスを受けられるうえに、仕上がりも最短当日という嬉しい仕様になっています。

しかも、宅配サービスを利用すれば、店舗まで重たいカーテンを持ち運びする必要もなくなりますし、希望すればカーテンの取り外し作業もお任せすることが可能です。

種類 料金
レースカーテン 450円~/1㎡
ドレープカーテン 450円~/1㎡
ドレープ遮光カーテン 600円~/1㎡

カーテンクリーニングについてのまとめ

カーテンのクリーニングの頻度・仕上がり日数・料金に加え、おすすめのクリーニング店を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

これでカーテンクリーニングの知識はばっちりなので、今後は汚いカーテンに頭を悩ませることもなくなるかと思いますし、お店選びも良い感じにできるかと思います。

最後に、今回の記事をまとめると、

この記事の要点まとめ

  • カーテンはクリーニングするべき(レースカーテンなら年2、3回。ドレープカーテンなら年1回)
  • クリーニングにかかる日数は一般的に5日~10日
  • 料金は800円~1,200円程度のクリーニング店が多い
  • カーテンのクリーニングには白洋舎がおすすめ

以上になります。

クリロナアイコン
クリロナ
それでは、最後までお付き合いありがとうございました!
クリロナでした!ぼぉぉぉう!
この記事を書いた人
クリロナアイコン
クリロナ
サッカーを愛してやまない元クリーニング店員。20社以上の宅配クリーニングの利用経験有。 クリスティアーノ・ロナウドとサッカーのプレイスタイルが似ているうえ、ほくろの位置が同じことからたまにこのあだ名で呼ばれる。実際は全然似てないが「クリ」がかかっているのでこのニックネームでいきます(笑)