ダウンジャケットってクリーニングするべき?料金相場・頻度・日数についてまとめて解説

2019年3月13日クリーニングの豆知識ダウン, ダウンジャケット

ダウンジャケットのクリーニングサムネイル

キム宅くんアイコン関心
キム宅くん
そこそこ長い間着続けてるダウンジャケットがあるんだけど、そういうダウンってクリーニングした方がいいの?
もしそうなら、クリーニングの頻度、かかる日数、料金相場が知りたい!教えてクリスティアーノ!

確かにダウンジャケットってクリーニング料金も高そうだし、汚れが目立たないからクリーニングに出したことがないという人も多いですよね。

ということで今回は、ダウンジャケットのクリーニングに関してのよくある疑問と、安くて手軽で高品質にダウンジャケットのクリーニングができるおすすめの業者を紹介します。

この記事を読めば、ダウンジャケットのクリーニングについての疑問はすべて解消されるうえ、お得な情報もゲットできますよ!
最後までお付き合いください。

ダウンジャケットはクリーニングした方がいいの?

結論から言うと、ダウンジャケットも普通の衣類と同じく汚れるので、クリーニングに出すべきです。

まあ、この記事にたどり着いた大半の方は、「そんなこと分かってるよ!」状態だと思うので、そういう方はこの章は飛ばしてください(笑)

で、話を戻しますと、なんとなく汚れが付きにくいイメージがあるダウンジャケットですが、実は結構汚れていてクリーニングを怠ると下記のような状態になります。

ダウンジャケットをクリーニングしないと…

  • 皮脂により襟元が変色する
  • 汗により臭い・カビ発生する
  • 雑菌が繁殖する

上記の中でも襟元の変色と臭いは特に現れやすいので、みなさんもお手持ちのダウンジャケットの襟元を今一度チェックしてみてください。
クリーニングを怠ると下記の僕のダウンジャケットみたいな状態になります(泣)

クリーニング前のダウンジャケット

クリロナアイコン感動
クリロナ
画像のダウンジャケットの襟元は、油でしっとり変色し、おじさんの耳裏と同じ香りを発していて完全アウトの状態でした(泣)
みなさんも気をつけてくださいね。

補足:ダウンジャケットを自宅やコインランドリーで洗濯するのはおすすめできない

ダウンジャケットは『水洗い負荷』のマークがなければ、自宅で洗濯 or コインランドリーで洗濯もできないこともありませんが、あまりおすすめできません。

その理由は失敗する可能性が高く、下記の状態になることが多いから。

  • 乾燥が不十分で臭くなる
  • ふわふわ感がなくなる
  • 汚れが完全に取れていない

ダウンジャケットを洗濯する場合、中の羽毛に水が染み込むんでしまうため、水洗い後の乾燥が非常に重要になります。

したがって、乾燥させる環境が悪かったり、乾燥の時間が不十分だったりすると生乾きのような臭いが生じる、ふわふわ感がなくなってぺったんこになる、ダマになるといった状態になります。

また、自宅またはコインランドリーでのダウンの洗濯は、クリーニングと比較して圧倒的に汚れが落ちにくいです。

ダウンジャケットを洗濯するメリットは、『クリーニング代を節約できること』くらいですので、2軍のダウンならまだしも、お気に入りの大切なダウンジャケットはクリーニングに出すことを強くおすすめします。

クリロナアイコンしらける
クリロナ
ダウンジャケットの洗濯は手間と時間もかかるので、私はお金をかけてでもクリーニング派ですね。

ダウンジャケットはどのくらいの頻度でクリーニングするべき?

ダウンジャケットのクリーニングは、1年に1回の頻度でするべきです。
単純にシーズンが終わったタイミングでクリーニングをしてください。

しっかりクリーニングを済ませた状態でクローゼットに保管をすれば、次に使うまでに繊維が傷んだり、カビが発生したりする心配もなくなります。

ただし、これはあくまで目安で、同じダウンジャケットをほとんど毎日着ている場合や、汗をかきやすい方などは3ヶ月に一度くらいの頻度でクリーニングすることをおすすめします。

ダウンジャケットのクリーニングにかかる日数は?仕上がり期間5日以上がおすすめ!

ダウンジャケットのクリーニングにかかる日数は、平均すると1週間程度になります。

やはり、どうしても乾燥に時間がかかってしまうことから、普通の洋服よりも日数がかかってしまうようです。

とはいえ、1週間というのはあくまで平均で、スピードが売りのお店はなんかは2日で仕上がります。
有名な大手のお店だと、うさちゃんクリーニングがそうです。

しかし、仕上がりが期間が早すぎるお店は、下記の2つの理由からあまりおすすめできません。

  • しっかり乾燥できていないことが多い
  • 乾燥器で無理くり乾燥させている可能性がある(生地が傷む)

全部のお店が上記に当てはまるとは言い切れませんが、トラブル回避のためにも仕上がり日数が5日以上の業者にお願いするのが安心です。

クリロナアイコン
クリロナ
ダウンのクリーニングトラブルの大半は乾燥が原因です。
どうしても早くクリーニングを済ませたいという方以外は、仕上がり日数5日以上の業者にしましょう。

ダウンジャケットのクリーニングの値段相場は?

気になるダウンジャケットのクリーニングの料金相場を調査しました。

調査の結果を簡潔に述べると、『ダウンジャケットのクリーニングは他の洋服と比べて料金が高めで、お店によって値段に差がある』です。

よって、これから紹介する値段相場はあくまで目安なので、正確な値段が知りたい方は、クリーニング店に直接問い合わせてみるといいと思います。

下記にダウンジャケット、ダウンベスト、ダウンコートの3つの料金相場をまとめました。

ダウンジャケット

平均価格
2,500円
価格帯
800円〜7,000円

最もメジャーなダウンジャケットのクリーニングの値段。
800円〜7,000円までとピンキリですが、基本的に料金が高くなるにつれ、丁寧で高品質なクリーニングサービスをしてくれるようになっています。

ダウンベスト

平均価格
1,700円
価格帯
800〜5,000円

ダウンベストがダウンジャケットよりも安い理由は、シンプルに面積が小さいからです。
洗浄、乾燥の手間が軽減されるぶん、価格も安くなっています。

ダウンコート

平均価格
2,800円
価格帯
800円〜7,000円

丈が膝まであるのが特徴で、女性に大人気のダウンコート。
クリーニングの値段は若干高めで、その理由はダウンジャケットに比べて面積が大きくて、手間がかかるからです。

ダウンの購入金額によってクリーニング店を決めるべき!

上記の値段相場を見て分かるように、クリーニング価格はピンキリです。

そして、ダウンのクリーニングに限ったことではありませんが、基本的に値段が高いほどクリーニングの質も上がります。

したがって、ダウンジャケットの購入金額によって、クリーニング店を使い分けるのがおすすめになります。

具体的には、モンクレールやカナダグースなどの高級ダウンは値段の高いお店でクリーニング。逆に、ファストファション店で買ったようなリーズナブルなダウンは安いお店で手軽にクリーニングに出すと良いでしょう。

ダウンジャケットのクリーニングには宅配クリーニングがおすすめ

「ダウンジャケットをクリーニングに出したいけど、家の近くに良いクリーニング店がない」という方には、宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングとはその名の通り、自宅まで洋服を取りに来てくれて、クリーニングが終わったら届けてくれるめちゃ便利なサービス。

ネットで申し込みもできるし、家から一歩も出ずにめんどうなクリーニングを済ませることができるので、私もすっかりヘビーユーザー化しています。

今回は、ダウンジャケットのクリーニングに超おすすめな宅配クリーニング業者を2社紹介しますので、気が向いた方は利用してみてくださいね。

クリロナアイコン
クリロナ
ここからは、家の近くにお気に入りの優良クリーニング店がある方には無駄な情報なので、ページを閉じてYoutubeでも観ましょう。

1〜2着なら【Lenet(リネット)】

リネットイメージ画像

料金
ダウンジャケット:2,850円
ダウンコート:3,150円
ダウンベスト:2,280円
仕上がり時間
最短2日
送料
1,800円
※2,400円以上の注文で無料
※プレミアム会員は無料【390円/月】
リネットのここが良い

  • 最短翌日仕上げ
  • 6時〜24時まで集配可能
  • 店舗よりちょい高くらいの料金

リネットの良いところは、とにかく便利なこと。
東京限定ではありますが、翌日仕上げが可能だったり、6時〜24時まで集配可能だったりと、忙しい人でも時間に縛られることなく利用することができます。

しかも、クリーニング料金は店舗よりもちょっと割高な程度なので、宅配サービス付きで便利なことを踏まえると、かなりコスパが良いです。

おすすめできるのは「めんどうなクリーニングを楽して済ませられるならちょっとくらい高くてもいいかな」、という方のみになりますが、値段に納得できればほぼ確実に満足できると思います。

ダウンと一緒に冬物を何着か出すなら【リナビス】

リナビスイメージ画像

料金
3着:6,840円
5着:8,550円
10着:11,700円
20着:19,800円
仕上がり時間
最短5日
送料
無料
リナビスのここが良い

  • 高級ダウンのクリーニング実績が豊富
  • 取れたボタンを無料で修理
  • 送料無料
  • クリーニング後の保管が無料

ダウンと一緒に冬物をまとめてクリーニングしたい場合は、リナビスがおすすめです。

『洋服の種類問わず5著で8,550円』という料金体系なので、まとめて出すほどお得。
5著パックなら1着あたり1,710円に。10着パックなら1着あたり1,170円と破格の値段になります。

カナダグースやモンクレールなどのクリーニング実績も豊富なので、そういった高級ダウンもできて一律でこの値段なので、お得艦が半端ないです。
高級ダウンはクリーニング代が高くついたり、そもそも断られたりしますからね。

あとは、クリーニング後に希望する時期まで保管してくれるサービスも無料でやっているので、かさばるダウンをクローゼットから取っ払って、自宅の収納スペース問題を解決することも可能です。

料金システム的に、「3着以上まとめてダウンや冬物を出したい」という方限定の業者ではありますが、コスパはかなり良いので是非利用してみてください。

※今だけクーポンコード【blog202005】で500円OFF!

高級ダウンなら【ワードローブトリートメント】

ワードローブトリートメントのイメージ画像

料金
ダウンジャケット:9,130円
ダウンコート:10,230円
ダウンベスト:6,490円
仕上がり時間
2週間〜3週間
送料
無料
ワードローブトリートメントのここが良い

  • 1着ずつ丁寧に洗い上げる完全個別洗い
  • クリーニング後の保管も可能(440円/1着)
  • カビ・変色・キズ・ボタンなどの修理が可能
  • 送料無料

ワードローブトリートメントは下手したら新品のダウンジャケットを1着変えてしまうくらいのお値段ですが、品質は最高級です。

他店ではできないことができるお店なので、普通のクリーニング店では断られる高級ブランドのダウンや、カビ・変色などがあるものをクリーニングした時なんかに最適な業者となっています。

特別なダウンをクリーニングしたい方は、是非。「捨て時かな…」というダウンでも、新品同様の状態に戻ります。

ただ、やはり値段がとんでもなく高いので、料金に納得できる方のみ利用するようにしてください。
値段の問題がクリアできれば品質は間違いないので、もはや感動するレベルの仕上がりです。

ダウンジャケットのクリーニングについてのまとめ

ダウンジャケットのクリーニングについてみなさんが気になることと、ダウンのクリーニングにおすすめの宅配クリーニング業者を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

最後にこの記事の要点をおさらいしておきましょう。

この記事の要点まとめ

  • ダウンジャケットは1年に1回、シーズン終わりにクリーニングするべき
  • ダウンジャケットのクリーニングにかかる日数は平均1週間
  • ダウンジャケットのクリーニング代は平均2,500円
  • ダウンジャケットのクリーニングには宅配クリーニングがおすすめ

これで高くてめんどくさいダウンジャケットのクリーニングも、手軽でお得にすることができますね。

それでは最後までお付き合いありがとうございました!
クリロナでした!

宅配クリーニングについてもっと詳しく知りたい方は、『宅配クリーニングおすすめランキング10選!24社使ったマニアが徹底比較【2019年】』をチェック!!

この記事を書いた人
クリロナアイコン
クリロナ
2017年5月に初めて宅配クリーニングを利用して以来ハマり、現在では28社の利用経験があります。 布団の宅配クリーニングも含めたら33社です。 みなさんの宅配クリーニング選びの手助けをできればと思い、このサイトを始めました。