布団のクリーニングの総まとめ!料金相場・頻度・おすすめのクリーニング業者を解説

2019年4月9日布団クリーニングまとめ, 布団

布団のクリーニングサムネイル

クリロナアイコン
クリロナ
どうも!
『ハゲてきた同級生を見た時が、「自分も年取ったな」って一番感じる瞬間だよね』でおなじみ、元クリーニング店員のクリロナです!

自分が年取ったと感じる瞬間っていろいろな場面でありますけど、個人的にはハゲた同級生を見た時が一番そう感じますし、そいつが昔モテてた奴だとなんか切なくもなりますね(笑)

さて、どうでもいいあるあるはさておき、今日も楽しくクリーニングの話していきましょう。今回のお悩みはこちら!

キム宅くんアイコン
キム宅くん
布団をクリーニングに出したいけど、どのくらいの頻度・料金・日数がかかるのか知りたい!
でも、布団って持ち運びが大変だからできればクリーニングやりたくない…。なんかいい方法ない?

わかる!
布団って汚れててもわかりづらいから、どのタイミングでクリーニングしたらいいかわからないですし、初めての場合は料金相場や仕上がりまでの日数なんかも見当もつかないですよね。

あと、店舗まで布団を持ち運ぶのが大変で、クリーニングするのが億劫というのもすごくわかります。
でも、そんな布団のクリーニングを楽して済ませられる方法があるんです。

ということで今回は、布団のクリーニングについての疑問にすべてお答えし、手軽で簡単に布団が綺麗になるおすすめの方法を紹介します!

そもそも布団のクリーニングはどうして必要なの?

布団のクリーニングは下記の3つの理由から必要です。

布団のクリーニングが必要な理由

  • 汗や皮脂によって布団は見た目以上に汚れているから
  • 布団に住みつくダニはクリーニングしないと駆除できないから
  • 自宅で洗濯するのが難しい or できないから

布団は見た目以上に汚れている!?

見た目的にはあまり汚れていないように見える布団ですが、実は汗や皮脂によって見た目以上に汚れているものなんです。

キム宅くんアイコン
キム宅くん
そういえば、人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくって聞いたことある!
クリロナアイコン
クリロナ
その汗の30%が布団に吸収されてしまうらしいよ。
そして繊維を傷つけたり、臭いの元となったり、カビの原因になったりするんだ。

ダニにとって布団は天国!天日干しでは駆除できない

そして、もう一つ忘れてはいけないのがダニの存在です。
ダニにとって布団は、高温多湿(汗により)で住みやすく、餌(皮脂やフケ)も豊富なため、いわば天国。

クリーニングせずに放っておくと、何万匹ものダニが住みついてしまいます。

もしかすると、アレルギーやアトピー、喘息に悩まされている方は、布団にいるダニが原因かもしれませんよ?

そんな憎っくきダニどもを駆除できるのがクリーニングです。
熱と乾燥に弱いダニを下記の工程でやっつけることができます。

  • 丸洗いでダニの糞や死骸を洗い流す
  • 高温乾燥器でダニを死滅
  • 乾燥機で死滅したダニの死骸を仕上げ乾燥機で吸引

ダニは素人が駆除するのは難しいので、駆除したければクリーニング一択となります。

クリロナアイコン
クリロナ
因みに、天日干しをしてもダニは日光が当たらない布団の内側に逃げますし、自宅の乾燥機でもある程度ダニは殺せても死骸や糞は残ってしまいますよ。

布団は自宅で洗濯が難しいし、そもそも洗濯できない布団もある

布団のクリーニングはそこそこの値段がするため、自宅で洗濯をしたいところですがなかなか難しいですよね。

しようと思っても洗濯機に入らなかったり、洗濯できたとしても乾燥機がないと厳しいです。ダニの問題もありますし。

あとは、下記のような『家庭での洗濯禁止』マークがある布団は、そもそも自宅で洗濯はできません。

洗濯マーク

洗濯できない布団はかなり多いですし、自宅での洗濯は労力のわりに汚れが完全には落ちないため、布団はクリーニングに出すことをおすすめします。

布団のクリーニングはどのくらいの頻度でやるべき?

結論から言うと、布団のクリーニングは最低でも半年に1回はやるべきです。

冬場と夏場で布団を変えている家庭がほとんどだと思いますので、その変えるタイミングでクリーニングすればOKです。実質1年に1回ということになりますね。

半年間溜まった汚れを落とさずに収納してしまうと、臭いやダニ・雑菌の繁殖、カビなどが発生する可能性がかなり高くなるので、ケチらずにクリーニングに出しましょう。

クリロナアイコン
クリロナ
クリーニング代を節約したいという方でも、収納する前にコインランドリーで洗濯、乾燥くらいは絶対にしましょう。

因みにですが、厚生労働省によると布団を常に清潔な状態に保つためには、1ヵ月に1度は60℃以上の乾燥機で30分以上加熱させるべきと言われています。

綺麗好きな方は、月に1度コインランドリーで布団を乾燥させると良いかもしれませんね。

布団のクリーニングにかかる日数は

布団のクリーニングにかかる日数は、店舗や業者によってまちまちですが、1週間~2週間程度が一般的です。

仕上がりスピードを売りにしているお店でも、最短で2日はかかります。

当日仕上げが可能なお店は、僕が知る限りはありません。(もしあったらごめんなさい。コメントでお教えていただけると助かります 笑)

そして、布団のクリーニングの場合は、配達サービスがある宅配クリーニングが主流になっていますが、宅配クリーニングだと仕上がりまでの日数はプラス3日程度になります。

なぜかというと、配送のために事前に送られる集荷キッドにまとめる必要があり、この集荷キッドが届くまでの時間があるからです。

ただし、店舗への持ち込みでも宅配クリーニングでも、布団のクリーニングの注文が殺到する5月、6月あたりは通常よりも時間がかかります。

長いと1ヵ月くらいかかることもあるので、早く受け取りたい方は繁忙期を避けたほうがいいと思います。

布団のクリーニングの料金相場は1枚5,000円

布団のクリーニングの料金相場は、1枚5,000円くらいです。

一応自分の知識が間違っていないか、大手のクリーニング店3社の平均の料金を出してみると、下記のような結果に。
シングルサイズの場合は僕の思っていたとおりの金額でしたが、ダブルサイズはもう少し高いみたいです。すみません(泣)

布団のクリーニングの料金相場

品名 料金
布団(シングル) 4,800円
布団(ダブル) 6,242円
敷き布団(シングル) 5,133円
敷き布団(ダブル) 6,576円

そして、下表が3社それぞれの布団クリーニングの価格になっております。

ポニークリーニング うさちゃんクリーニング 白洋舎
布団
(シングル)
3,000円~ 5,400円~ 6,000円
布団
(ダブル)
3,600円~ 7,128円~ 8,000円
敷き布団
(シングル)
3,000円~ 5,400円~ 7,000円
敷き布団
(ダブル)
3,600円~ 7,128円~ 9,000円

こうしてみると、ポニークリーニングが圧倒的に安いですね。
とにかく安く布団のクリーニングを済ませたい方には、ポニークリーニングはかなりおすすめです。

ただし、ポニークリーニングは関東に店舗を持つクリーニング店なので、関東在住で自宅の近くに店舗がある方限定にはなってしまいますね。

布団のクリーニングには宅配クリーニングがおすすめ

さて、ここまで布団のクリーニングについてあれこれ解説してきましたが、最後に布団のクリーニングを楽して、安く、便利に済ませられる宅配クリーニングサービスを紹介します。

宅配クリーニングとはスマホで申し込みが可能なうえ、自宅まで布団や衣類を集荷・配達をしてくれるサービスです。
布団を宅配クリーニングにお願いするメリットは下記の4点。

宅配クリーニングのメリット

  • 布団を店舗まで持ち運ばなくても良い
  • 持ち運びがないから一度に大量に出せる
  • 布団を複数枚一緒にクリーニングすると格安になる
  • 保管サービスがある

まず、持ち運びが大変な布団を店舗まで持っていかなくてもいいのは、かなり便利ですし、一度に大量の布団をクリーニングすることも可能になります。

基本的に枚数が多ければ多いほどお得になるので、宅配クリーニングを利用する場合はまとめ出ししましょう。

さらに、もう一つ大きなメリットとして保管サービスというものがあります

保管サービスとはクリーニング後、希望する時期まで布団を預かり、保管に最適な環境で保管をしてくれるサービスです。

自宅に収納が少ないという方なんかに、超おすすめのサービスですよ。

枚数が多いほど安く品質も高い【ふとんLenet(リネット)】

リネットイメージ画像

料金
1枚8,800円~
送料
無料
仕上がり時間
最短10日
特徴
便利、安い、高品質

布団の宅配クリーニングで最大手のLenet(リネット)

リネットのおすすめポイントはというと、

リネットのおすすめポイント

  • 業界最安なのに品質抜群
  • 布団の枚数が多いほどお得になる
  • 防ダニ加工がある
  • 初回利用は1,000円OFFになる

上記の4つ。
そして、気になるリネットの料金は下表のとおりです。

Lenet(リネット)の料金

枚数 料金 1枚あたりの料金
1枚 8,800円 8,800円
2枚 11,800円 5,900円
3枚 12,800円 4,267円
4枚 14,800円 3,700円
5枚目以降 14,800円+1枚3,000円

業界最安と紹介しましたが、布団1枚の場合は全然安くないので注意してください。リネットは布団を2枚以上出す場合に利用することをおすすめします。

とはいえ、布団のクリーニングは大抵家族全員分をまとめてすると思うので問題ないのではないでしょうか。

キム宅くんアイコン関心
キム宅くん
安いな!特に布団3枚以上なら相場よりも断然安い!
クリロナアイコン微笑み
クリロナ
2枚でも店舗に持ち込むのと同じかそれ以下の値段で済むこともあるね。

保管サービスを利用したい人にはカジタクがおすすめ


カジタクイメージ

料金
1枚11,800円~
送料
無料
仕上がり時間
最短10日
特徴
保管サービスが安い

保管サービスを利用したい方にはカジタクがおすすめです。

カジタクの布団クリーニングは2点パックと3点パックのみではありますが、保管サービスが布団1枚につき1,000円で利用可能になっています。
しかも、最長で9ヶ月間も保管サービスが利用可能です。

そんなカジタクの料金をまとめました。

カジタクの料金

プラン 料金 1枚あたりの料金
布団2点パック 11,800円 5,900円
布団3点パック 17,000円 5,666円
布団3点
圧縮届け
14,000円 4,666円

保管付きの料金(+1,000円)

プラン 料金 1枚あたりの料金
布団2点パック 12,800円 6,400円
布団3点パック 18,000円 6,000円
布団3点
圧縮届け
15,000円 5,000円

保管付きでこの価格はなかなかお得です。

布団のクリーニングについてのまとめ

布団のクリーニングについての疑問とおすすめの宅配クリーニング業者を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

これで知識はバッチリですし、めんどくさい布団のクリーニングもやってみようかなと気持ちにちょっとでもなってもらえたかなと思います。

最後にこの記事の要点をおさらいしておきましょう。

この記事の要点まとめ

  • 布団は見た目より汚れているためクリーニングが必要
  • クリーニングは半年に1回はするべき
  • クリーニングにかかる日数は1週間〜2週間程度が一般的
  • クリーニングの料金相場は布団1枚5,000円
  • 布団のクリーニングにはリネットとカジタクがおすすめ

以上になります。

クリロナアイコン
クリロナ
最後まで読んでくれた方大好き!クリロナでした
ぼぉぉぉう!!