革ジャンのクリーニングの料金相場は?お店選びのポイントとおすすめ店3選紹介

2019年11月12日クリーニングの豆知識おすすめ, 革ジャン

革ジャンクリーニングサムネイル

キム宅くんアイコン
キム宅くん
革ジャンをクリーニングしようと思っているけど、そもそもどのくらいの頻度でクリーニングするのが正解なのかな?
あとは高そうなイメージがあるから料金相場を把握しておきたいし、もしクリーニングするなら失敗したくないから、技術の高いおすすめのクリーニング店も知りたい!

本記事を読めば、上記のようなお悩みが解決します。

革ジャンをクリーニングしようと思っても、「クリーニングに出したら色落ちした」「革の質感が変わってしまった」などのトラブルをよく耳にしますし、クリーニング代も高いので業者選びが難しいですよね。

実際に僕も過去に、クリーニングに出した革ジャンが色落ちして着れなくなってしまった経験があリます。

ですが、その時の失敗をきっかけに、革ジャンのクリーニングについて徹底的に調べて、実際に有名な専門店6社を利用して比較検証することに。
その結果、新品のように綺麗にしてくれる本当におすすめの優良店2社が判明しました。

ということで今回は、革ジャンのクリーニングに関するよくある疑問に答えつつ、実際に利用した僕だからこそ分かる品質抜群のおすすめのクリーニング業者を3社紹介します。

これで革ジャンのクリーニングで失敗することはなくなりますよ!

革ジャンはどのくらいの頻度でクリーニングするべき?

革ジャンは基本的に2年に1回の頻度でクリーニングするべきです。
適切な頻度でクリーニングをすれば、革ジャンが下記のようになり毎シーズン新品に近い状態で着ることができますよ。

革ジャンをクリーニングすると

  • 色落ちした箇所を修復してくれる
  • 革にこびり付いたタバコや汗の臭いがなくなる
  • シワがなくなる
  • カビ・シミを落としてくれる
  • 汚れが落ちる

「革ジャンをクリーニングしたい」と思うきっかけとして一番多いのが、臭い。

2年くらい使っているとタバコや汗の臭いがこびり付いて、どんなに風通しの良い場所に干しても取れなくなってしまいますが、クリーニングをすればしっかり落ちます。

また、革にカビが生えてしまっても水洗いで根絶やしにしてくれますし、シワやシミを除去しつつ、崩れた型を元どおりに整えてくれたりと非常にクオリティが高いです。

あとは、意外と知らない方も多いんですが、クリーニング時に希望をすれば色落ちした箇所の色補正もしてくれるので、限りなく新品に近い状態にすることも可能です。

下記の画像のような感じですね。

革の色補正

ただし1ヶ月に1回くらいはメンテナンスした方が良い

ただし、2年に1回の頻度でクリーニングをしたとしても、日頃のメンテナンスはしたほうが良いです。

長く着たい大切な革ジャンであれば、1ヶ月に1度下記のようにメンテナンスをしましょう。

革ジャンのメンテナンス方法

  1. 革の手入れ用のブラシで誇りや汚れを取る
  2. 布を使ってレザートリートメントを塗る
  3. 直射日光の当たらない風通しの良いところに1時間程度干す
  4. 布で余分なトリートメントを拭き取る

革ジャンのクリーニングの料金相場は?【専門店6社の料金比較】

値段相場がわかるように、革ジャンクリーニングの専門店6社の料金をまとめました。

同じ革ジャンクリーニング専門店でも値段はピンキリで、6,000円〜14,000円が大体の相場。

各業者ごとの詳しい料金は下表の通りですが、念の為全ての革製品のクリーニング代と、革ジャンのクリーニングと一緒にすることが多い、撥水加工・色補正・カビ取りの値段も記載しています。

因みに、下記の6社は全て宅配サービス付きで非常に便利な反面、デメリットとして送料が発生するところも。

レザーのクリーニング料金比較表
店名 リフレザーのロゴ
リフレザー
革水のロゴ
革水
キレイナのロゴ
キレイナ
ジャケット/ブルゾン 6,000円 7,700円〜 12,000円
コート 7,000円 10,000円〜 18,000円
ベスト 4,000円 5,500円〜 7,000円
パンツ/スカート 5,000円 7,000円〜 7,000円
グローブ 2,000円 3,500円〜 3,000円
撥水加工 2,000円〜 1,800円
色補正 見積もり 5,500円〜 3,000円〜
カビ取り 1,080円〜 1,800円〜
送料 往復送料自費負担 往復送料自費負担
※5,500円以上で片道無料
1,800円
※12,000円以上の注文で無料
店名 ワードローブトリートメントのロゴ
ワードローブトリートメント
リナビスのロゴ
リナビス
クレアンのロゴ
クレアン
ジャケット/ブルゾン 11,300円〜 9,000円 14,000円
コート 12,800円〜 9,000円 16,000円〜
ベスト 8,900円〜 9,000円 8,000円
パンツ/スカート 8,900円〜 9,000円 8,000円〜
グローブ 5,900円〜 9,000円 6,000円
撥水加工 2,750円〜 3,000円
色補正 見積もり
【16,500程度】
10,000円 6,000円〜
カビ取り 見積もり 550円 3,000円
送料 無料 無料 1,500円〜
2,200円
※12,000円以上で無料

<→スライドできます>
※「〜」と表記されている金額は革の状態や形状により変わる可能性あり

大手4社の値段相場は?

続いて大手4社の値段相場も見ていきましょう。

下表の通り革ジャンクリーニングの専門店より若干安いくらいで、相場は大きくは変わりません。

大手4社のレザークリーニング料金比較表
店名 白洋舎のロゴ
白洋舎
ホワイト急便のロゴ
ホワイト急便
うさちゃんクリーニングのロゴ
うさちゃんクリーニング
ポニークリーニングのロゴ
ポニークリーニング
ジャケット/ブルゾン 5,500円 6,200円〜 7,560円 6,000円〜
革半コート 7,000円 7,000円〜 7,560円 6,000円〜
革コート 8,000円 7,000円〜 7,560円 6,000円〜

<→スライドできます>

色補正・撥水加工・カビ取りなども基本やってくれますが(店舗によっては受付ていない場合あり)、革の状態を確認してからの見積もりになります。
予想よりもかなり高い値段になることも全然あるので、注意してください。

革ジャンのクリーニングは値段の安さだけで選ぶと失敗する?!

キム宅くんアイコン
キム宅くん
革ジャンのクリーニングってめちゃめちゃ高いね。
できるだけ安いところにしよ。
クリロナ
クリロナ
ちょっと待って!
料金の安さだけで決めると失敗する可能性が高いよ!

革ジャンのクリーニングは専門的な知識、技術、手間、コスト、時間がかかることから他の衣類よりも金額が高めに設定されています。

要するに値段が高くなるのは必然なので、安いお店は作業を簡略化していたり、本来必要な作業をないがしろにしていることも。

クリロナアイコン
クリロナ
安いクリーニング店が全て品質が低いとは思いませんが、僕は実際過去に比較的リーズナブルなお店で革ジャンをクリーニングして失敗した経験があるんで気をつけてください。
どことは言いませんが…

絶対に失敗したくない大切な革ジャン場合は、最低でも10,000円以上はかかるクリーニング店に出すのが安心かなと思います。

革ジャンのクリーニングにはおすすめの業者BEST3【お店選びのポイントも解説】

いちいちググるのも面倒だと思うので、革ジャンのクリーニングにおすすめの3社と、選び方のポイントをサクッと解説します。

まず、革ジャンのクリーニング店は、下記の5つのポイントを全て満たしている場合、品質の高い優良業者と言えます。

失敗しないお店選びの5つのポイント

  • 革の主成分であるタンパク質に負担を掛けない水と洗剤で洗っているか
  • 革の素材によって適切な温度・湿度・時間で乾燥させているか
  • 色補正・染色を入念にやっているか
  • 全ての作業を熟練の職人が手作業でやっているか
  • ホームページにbefore afterを載せていて、かつしっかり綺麗になっているか

上記5つのポイントをどの程度満たしているかは、各業者のホームページにあるクリーニング工程や、過去のお手入れの事例なんかを見るとざっくり分かります。

キム宅くんアイコン
キム宅くん
ホームページを見てもクリーニング工程が曖昧な業者とか、そもそも全く載せていない業者もあったぞ?
クリロナアイコン
クリロナ
そういうところは品質に自信がない可能性が高いから、あまりおすすめできないかな…

あとは、品質意外のところでは、利用しやすいかどうかも重要です。
今回は「革ジャンをクリーニングできて、尚且つ品質にも安心できるお店が近くにない」という方のために、品質と便利さを兼ね備えた革ジャンのクリーニングにおすすめの宅配型のクリーニング店を3社紹介します

キレイナ

キレイナイメージ画像

革ジャン
12,000円
色補正
3,000円〜
カビ取り
1,800円
撥水加工
1,800円
送料
1,800円
※12,000円以上の注文で無料
仕上がり日数
1ヶ月程度
おすすめポイント

  • 「こうしてほしい」という要望に聞き入れつつ丁寧に仕上げてくれる
  • シミ除去・カビ取り・傷や破れの修繕・ファスナーの修復可能
  • 品質最高級の色補正が破格の3,000円〜
  • 専用のクリームで革に栄養補給をしてくれる
  • 型崩れして硬くなった革ジャンのシルエット修正可
  • サイト上に過去のクリーニング事例がとにかく多いから、仕上がりと金額のイメージがしやすい
  • 公式サイトの料金表が明確なため予算を立てやすい

キレイナは依頼者の「こうしてほしい」という要望を聞き入れて、丁寧に仕上げてくれます。

クリロナアイコン
クリロナ
僕が利用した時も「袖口の革が禿げてきたから直してほしいのと、全体を光沢のある感じにして欲しい」というお願い通りの仕上がりになったのでとても満足しました。
色補正のクオリティがとても高かったです。

普通のクリーニング店では綺麗にならないようなシミやカビの除去も可能な上、壊れた箇所の修復技術も非常に高いです。

あとは公式サイトの革ジャンのクリーニング事例が非常に多く、before after画像もちゃんと載せてあるので、仕上がりのイメージがしやすかったですし、初めてでも安心して利用できました。

また、色補正やカビ取りなどの加工の値段まで『5cm未満は〇〇円』のように、かなり明確なのも助かりました。予算を立てやすかったんですよね。
気になる方は、キレイナの公式ページからチェックしてみてください。

ワードローブトリートメント

ワードローブトリートメントのイメージ画像

革ジャン
11,300円〜
色補正
見積もり
【16,500円程度】
カビ取り
見積もり
撥水加工
2,750円〜
送料
無料
仕上がり日数
1ヶ月程度
おすすめポイント

  • 希望通りに仕上げるオーダーメイドクリーニング
  • 高級感のある立体的なシルエットに仕上がる
  • シルエットを一切崩さないハンガーBOX配送
  • シミ除去・カビ取り・傷や破れの修繕なども可能
  • 専用の加工材により革の質感が復活する
  • TV番組に特集されるほどの確かな実績と評判の良さ

ワードローブトリートメントは公式サイトにビフォーアフター画像こそありませんが、めざましテレビの『ココ調』やテレビ東京のカンブリア宮殿で特集されたことのある、超高品質と定評の宅配クリーニングです。

ココには、買ってから4年も経つけど一回も洗ったことがない、でもかっこいいからヘビロテしているレザーのコートを出しました。

結果、気になっていた汗とタバコの匂いがしっかり消えた上に、「これ気づくかな?」と不安だったiPhoneのインカメラ程度の大きさの革が剥げた箇所も、しっかり色補正をして元どおりに。
大満足です。

クリロナアイコン
クリロナ
色補正の値段が16,500円と他社よりも高かったのは正直痛かったですが、絶対に失敗したくないお高めの革ジャンのクリーニングには最適な業者だと思います。

かなり割高なので値段に納得できる方のみにおすすめしますが、そこさえクリアすればほぼ確実に満足できると思います。

リナビス

リナビス皮革イメージ画像

革ジャン
9,000円
色補正
10,000円
カビ取り
550円
送料
無料
仕上がり日数
1ヶ月程度
おすすめポイント

  • 最先端の水洗いで革が傷まない
  • 素材ごとの適切な乾燥方法により縮みや型崩れがない
  • シミ除去・傷や破れの修繕・ファスナーの修復などの技術が高くて全て追加料金なし
  • TV番組『カンブリア宮殿』で紹介されるほどの人気店でクリーニングの実績も豊富

TV番組『カンブリア宮殿』で特集された人気の宅配クリーニングリナビス。

4年ほど着用して全体的にヨレヨレになっていた革ジャンを出しましたが、型がビシッと整いタバコの匂いや小さいシミまできっちり綺麗にしてくれました。

しかも、料金が元々1着14,000円だったのが、最近大幅に値下げをして1着9,000円に。
カビ取り・キズや破れの修繕・ファスナー修復なんかも安いので、コスパは抜群です。

ただし、色補正の値段は、他社と比較してちょっと割高になっているので、色補正を希望する場合はキレイナもしくはワードローブトリートメントをおすすめします。
リナビスはクリーニングと色補正意外のメンテナンスをしたい方のみ利用するようにしてください。

革製品をクリーニングする際に注意すべき3つのこと

下記の3つの注意点を知っておけば、革ジャンをクリーニングに出してから後悔することはありません。

革製品をクリーニングする際の注意点

  • 合成皮革・人口皮革はクリーニングできないことがある
  • カビが生えていないか確認する
  • 破損している箇所がないか確認する

合成皮革・人口皮革はクリーニングできないことがある

合成皮革および人口皮革のクリーニングには、下記のようなリスクがあります。

  • シミを除去しきれない
  • 劣化した箇所を修復できない
  • クリーニングを断られる
  • ボロボロになってしまう

ポリウレタンなどの樹脂でコーティングされている合成皮革・人口皮革は、経年劣化を防ぐことが難しくいくら技術の高いクリーニング店といえども、どうにもならないケースが多いです。

東京都クリーニング生活衛生同業組合でも、合成皮革・人口皮革の寿命は3年程度と言われているので、リスクをかけてクリーニングするよりかは、諦めて買い換えることをおすすめします。

カビが生えていないか確認する

クリーニング前にカビの有無を確認しておいて、もしあった場合はカビの場所を申し込み時に伝えるようにしてください。
事前に伝えていないとカビを見落とされて、綺麗にならないまま返却されてしまうからです。

あとは、基本的にカビ取り加工はクリーニング代とは別料金なので、ちゃんと確認していないよ想定よりも大分料金がかかってしまうなんてことにもなります。

破損している箇所がないか確認する

ファスナーの破損や破れ、穴が空いている箇所なども把握して、カビと同様に申し込み時に伝えてください。

なお、可能なのはクリーニングのみで、壊れた箇所の修復ができない業者もあるので要注意です。
因みに今回僕が紹介したおすすめの3社は、どこも修復ができるので安心してください。

革ジャンのクリーニングでよくある3つの疑問【Q & A】

最後に革ジャンのクリーニングでよくある下記の3つの疑問についてお答えします。

革ジャンのクリーニングでよくある4つの疑問

  • どんな革でもクリーニングできるの?
  • 撥水加工はやったほうが良いの?
  • クリーニングが完了した革ジャンのベストな保管方法は?

どんな革でもクリーニングできるの?

専門店でであればほとんど全ての革がクリーニング可能です。
ただ、合成皮革はクリーニング不可としているところが多いので注意してください。

また、クリーニング不可と表示されてる皮革製品でも基本は洗えますが、業者により若干異なるため、不安な場合は問い合わせてみるのが確実です。

撥水加工はやったほうが良いの?

マストではありませんが、撥水加工をすると通気性を保ちつつ水を弾く効果があるため、革ジャンと非常に相性が良いです。
とはいえ、追加料金がかかるのであくまでお好みで良いと思います。

クリーニングが完了した革ジャンのベストな保管方法は?

しっかりした太めのハンガーに掛けて、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管しましょう。

クリーニングが完了した革ジャンは、ビニールが被さった状態で返ってきますが、あのまま保管するとカビが発生しやすいです。

革ジャンのクリーニングについてまとめ

革ジャンのクリーニングについて、頻度や料金相場、おすすめのクリーニング業者を紹介しましたが参考になりましたでしょうか?

今回紹介したおすすめの3社を利用すれば、レザーの洋服全般のクリーニングで失敗することはないので、安心して利用してくださいね。

では最後に本記事の要点をおさらいして終わりにします。

本記事の要点まとめ

  • 革ジャンは2年に1回の頻度でクリーニングするべき
  • 料金相場は専門店で6,000円〜10,000円
  • 10,000円以上の専門店だと技術が高くて安心
  • キレイナ → 料金が明確でクオリティも高い
  • ワードローブトリートメント → 絶対失敗したくない1着に最適
  • リナビス → シミ除去・カビ取り・修復などが安い

以上になります!
クリロナでした!

この記事を書いた人
クリロナアイコン
クリロナ
20社以上の宅配クリーニングの利用経験有。趣味はサッカー。 クリスティアーノ・ロナウドとサッカーのプレイスタイルが似ているうえ、ほくろの位置が同じことからたまにこのあだ名で呼ばれる。実際は全然似てないが「クリ」がかかっているのでこのニックネームでいきます(笑)