公式より分かりやすい!Lenet(リネット)の料金のすべてとお得な使い方を紹介

2019年2月23日リネット料金

リネット料金アイキャッチ

クリロナアイコン
クリロナ
どうも!
『エコバックを買った翌日の買い物って、エコバック忘れちゃって結局袋買っちゃうよね』でおなじみ専業主夫のクリロナでーす。

さあ、主夫あるあるも飛び出したところで、今日も楽しく宅配クリーニングの話していきましょう!
今回のお悩みはこちら!

キム宅くんアイコン関心
キム宅くん
Lenet(リネット)の公式サイトを見たけど、衣類の料金の他にも、会員費とか送料とかオプション料金とかが複雑でイマイチ分かりづらい。
助けてクリスティアーノ!

確かに私もリネットを初めて利用した時は、どれくらい料金がかかるのか分かりづらかったのを覚えています。

そこで今回はリネットの料金について公式サイトよりも分かりやすく、下記のことについて解説していこうと思います。

この記事でわかること

  • リネットはどんな人が利用するとお得か
  • リネットの料金システムについて
  • 会員費と送料について
  • 衣類の料金について
  • 追加料金について
  • オプション加工料金について

この記事を読めばリネットの料金について、完璧になります。
是非最後までお付き合いください!

Lenet(リネット)の料金は衣類ごとの定価式(街のクリーニング店と同じ)

リネットの料金について詳しく解説していく前に、宅配クリーニングには2つの料金形態があることを把握しておきましょう。

その2つの料金形態とは、下記のとおりです。

宅配クリーニングの料金は

  • 衣類ごとの定価式(街のクリーニング店と同じ)
  • パック料金式(『10点10,800円』のような感じ)

そして、この章の見出しのとおり、リネットは衣類ごとの定価式の料金形態となっており、街のクリーニング店と同じような価格設定になっています。

具体的な価格は、Yシャツ1点300円前後、スーツの上下で1500円前後などです。

Lenet(リネット)はどんな人が利用するとお得なの?

キム宅くんアイコン関心
キム宅くん
ちょ待てよ。衣類ごとの定価式とパック料金式はどう使い分けたらいいんすか?
クリロナアイコンしらける
クリロナ
ずばりコートやダウンを4枚以上クリーニングに出したい人はパック料金式!それ以外の人は全部衣類ごとの定価式がお得!
キム宅くんアイコン笑顔
キム宅くん
オレはシャツとかジャケットを中心にクリーニングに出したいから、リネットを利用したほうがお得ってことね!

パック料金式は、コートやダウンなどの、通常では割高になる洋服をまとめて出したい場合に使い、反対に衣類ごとの定価式は、それ以外の普段着る洋服を自由な枚数で出したい場合に使います。

簡単に言うと、衣替えシーズンはパック料金式。それ以外は衣類ごとの定価式ということになります。

衣類ごとの定価式の特徴

そんな衣類ごとの定価式の特徴は、下記の3つです。

衣類ごとの定価式の特徴

  • 自由に好きな枚数をクリーニングに出せる
  • 無料会員と有料会員のどちらかを選ぶ
  • 割引や追加のサービスが多いが、それらは有料会員にならないと利用できない

普段着るような洋服を自由に好きな枚数クリーニングに出せるのがメリットではありますが、月300円前後の有料会員にならないとサービスの質が落ちるだけでなく、結果的に料金が高くなる面もあります。

そして、大手の宅配クリーニング業者の中で、衣類ごとの定価式なのはリネットとネクシ―の2つ。

どちらも基本的な衣類の料金に大差はありませんが、便利さ、割引サービス、品質などを考えると個人的にはリネットの方がおすすめになります。

次の章からいよいよリネットの料金について解説していきますが、抑えておくべきポイントは下記の5つです。

リネットの料金を細分化すると…

  • 会員費
  • 送料
  • 衣類の料金
  • 特殊な衣類にかかる追加料金
  • オプション加工料金(任意)

最終的には上記の5つを合わせた値段がクリーニングの料金になりますので、1つずつ順番に解説していきます。

Lenet(リネット)のプレミアム会員の料金と送料について(初回は無料)

まずは会員費についてです(初回無料)。
リネットは会員制となっており、

  • 通常会員(無料)
  • プレミアム会員(390円/月 or 4,680円/年)

上記のどちらかを選ぶことができますが、個人的にはプレミアム会員一択だと思っています。

なぜかというと、リネットはプレミアム会員にならなければ、便利でお得なサービスや割引を受けることができないから。
これに関しては、この後の『通常会員とプレミアム会員違い』の章で詳しく解説します。

そして、プレミアム会員は月会費プラン(390円/月)か、年会費プラン(4,680円/年)を選択できるのですが、リネットの利用が年に7回以下になりそうな人は月会費プラン、年に8回以上になりそうな人は年会費プランにするとお得になります。

理由は年会費プランには特典として400円OFF×6回分のクーポンが与えられるからです。

クリロナアイコン微笑み
クリロナ
このクーポンと初月無料キャンペーンを考慮して計算すると、ちゃんと上記のような結果になるので、私が信用できない方は計算してみてください(笑)

因みに月会費プランはいつでも解約できるうえに、解約しても2秒後には再登録ができる仕組みになっているので、利用頻度がわからないという人には圧倒的に月会費プランがおすすめになります。

送料はプレミアム会員がお得!

続いては、送料についてです。

初回の利用は、通常会員もプレミアム会員も送料無料の特典がありますが、2回目以降はクリーニングに出す衣類の値段によって、料金がそれぞれ異なります。

通常会員の送料

衣類の料金 送料
10,000円以上 無料
10,000円未満
8,000円以上
900円
8,000円未満 1,800円

※北海道・沖縄の方は、5,000円以上で送料無料。10,000円未満8,000円以上の場合は1,300円。8,000円未満の場合は2,600円。

プレミアム会員の送料

衣類の料金 送料
3,000円以上 無料
3,000円未満 1,800円

※北海道・沖縄の方は、5,000円以上で送料無料。5,000円未満の場合は2,600円。

プレミアム会員は送料が優遇されているのがわかりますね。

ただし、上表の料金は1個口あたりの料金です。

例えば、クリーニングに出す衣類が入りきらずに、2つのダンボールや紙袋に分かれてしまうと2個口という扱いになり、プレミアム会員でも送料無料の条件が6,000円以上になります。

キム宅くんアイコン笑顔
キム宅くん
クリーニングに出す洋服は、できるだけ1つの入れ物にまとめた方がいいってことね!
クリロナアイコン
クリロナ
うむ!

通常会員とプレミアム会員違い

通常会員とプレミアム会員の違いを下表にまとめました。

通常会員 プレミアム会員
会員費 無料 390円/月 (4,680円/年)
初回特典 送料無料 送料無料
料金50%OFF
会員費2ヵ月無料
送料 10,000円以上で
送料無料
3,000円以上で
送料無料
お届け日 7日後 2日後
翌日届け ×
朝イチ便・夜イチ便 ×
プレミアム仕上げ ×
安心保証 ×
限定キャンペーン ×
ダンボール無料手配 ×
スタンプカード ×

プレミアム会員になるとかなり便利に利用できるうえに、品質も各段に上がります。

私クリロナ的には、以下の3つが特に良いなと感じました。

  • プレミアム仕上げ
  • 朝イチ便・夜イチ便(東京23区限定)
  • お届け日が2日後になる(業界最速)

プレミアム仕上げとは、シミ抜きや毛玉取り、防菌・防臭加工などのサービスが追加され、クリーニングの品質が圧倒的に良くなるものです。

2つ目の朝イチ便・夜イチ便とは、早朝の6時~9時までと、夜21時~24時までの間で、1時間単位で時間指定をして集荷・配達をしてもらえるサービスになります。

個人的に、宅配クリーニングの一番のネックは『集荷・配達によって時間に縛られてしまう』ことだと思っているので、これがなくなるのがかなり良かったです。

お届け日が2日後以降から好きに選べるのもあって、とにかく手軽に利用できるがリネットの大きな魅力と言えますね。

クリロナアイコン微笑み
クリロナ
リネットの公式サイトにある、『85%の人が最初からプレミアム会員として利用して、そのうち92%の人が満足している』というウリ文句の通り、かなり満足いく内容でしたよ!
キム宅くんアイコン笑顔
キム宅くん
初回の50%OFFがデカいし、会員費が初月無料でいつでも解約できるから実質0円なのも良いよな。
試しに使ってみてダメならやめればいいし。

Lenet(リネット)の衣類の料金について

リネットの衣類の料金を下表にまとめました。

一般的な衣類の料金

Yシャツ
290円 145円
シャツ
290円 145円
スーツ上下
1,610円 805円
セーター
590円 295円
カーディガン
780円 390円
ブラウス
550円 275円
ジャケット
950円 475円
パンツ
660円 330円
スカート
660円 330円
ワンピース
1,230円 615円
コート
1,900円 950円
ダウンジャケット
2,850円 1,425円
ストール
1,030円 515円
ネクタイ
550円 275円

※黄文字料金は、プレミアム会員の初回特典50%OFF後の金額

基本的にはこんな感じの料金になりますが、例えばYシャツの場合は、仕上げを『つるし』にするか『タタミ』にするか選べて、『タタミ』だと追加で100円かかります。

もちろん一般的な衣類以外にも取り扱いはあるので、みなさんがよくクリーニングに出すであろう「礼服/制服」と「子供服」の料金も紹介しておきます。

礼服/制服の料金

礼服
660円~ 330円~
学生服
670円~ 335円~
白衣/ナース服
980円~ 490円~
作業服
650円~ 325円~
ドレス
2,290円~ 1,145円~

※黄文字料金は、プレミアム会員の初回特典50%OFF後の金額

こども服の料金

シャツ
200円~ 100円~
セーター
410円~ 205円~
カーディガン
540円~ 270円~
その他トップス
280円~ 140円~
ジャケット
660円~ 330円~
パンツ
460円~ 230円~
スカート
460円~ 230円~
ワンピース
860円~ 430円~
コート
1,280円~ 640円~
ダウン
1,590円~ 795円~
その他アウター
720円~ 360円~
スキーウェア
1,370円~ 685円~

※黄文字料金は、プレミアム会員の初回特典50%OFF後の金額

リネットでは今回紹介したものの他にも様々な洋服を取り扱っているので、ちょっとイレギュラーな洋服をクリーニングに出したいという方は、リネットのホームページ or アプリで確認してみてください。

クリロナアイコン微笑み
クリロナ
着物や浴衣でさえも取り扱ってくれるので、クリーニングに出せない洋服はほぼないんじゃないかと思いますよ!

Lenet(リネット)の衣類の追加料金について

リネットではクリーニングに出す洋服が特殊な素材だったり、付属品があったりする場合に、追加料金がかかる仕組みです。
前の章で紹介した金額に上乗せされる形ですね。

ということで追加料金を下表にまとめました。

追加料金一覧

追加料金
デリケート素材(シルク、カシミヤなど) +200円
装飾品(レース、フリルなど) +200円
一部革製品 +200円
付属ライナー +200円
ダウンライナー +1,000円
一部ファー or ボア +1,000円
全面ファー or ボア +1,000円
付属毛皮フード +4,000円
カフス(袖口) +5,000円

フードやカフスなんかは結構な追加料金を取られてしまいますので、クリーニングに出す前にしっかり確認することをおすすめします。

Lenet(リネット)のオプション加工料金について

オプション加工料金は追加料金と違い、希望する場合のみ金額がプラスされます。

リネットはプレミアム会員になれば、十分高品質なクリーニングをしてもらえますが、より質にこだわりたいという方は利用してみてもいいかもしれません。

8つのオプション加工とその金額をまとめました。

オプション加工料金一覧

オプション加工 料金
DX仕上げ +350円~(洋服により異なる)
花粉ガード加工 +400円
撥水加工 +600円
ウェット加工 +1,000円
ダブルリファイン加工 +400円
防菌・消臭・防臭加工 +400円
ノリ固め・ノリなし +100円
折り目加工 +400円

※初回はオプション加工を利用できません

キム宅くんアイコン呆れ顔
キム宅くん
どういう加工なのか全然わからないよう!教えてクリスティアーノ!
クリロナアイコン
クリロナ
説明しよう!飽きない程度に短めに!

DX仕上げ

ジャケットとかカシミヤ素材の洋服なんかにおすすめらしい。
実際に利用してみたけど、高級感のある仕上がりになったような気がする。
個人的には洋服と一緒に届けられた、型崩れ防止効果があるリネットのロゴ入りハンガーが一番高級感があって嬉しかった。

花粉ガード加工

その名の通り花粉が付着しにくくなるらしい。おすすめの洋服はニットやスプリングコート。
ただ、私は花粉症ではないため、これは頼んでいない。静電気防止効果もあるっぽい。

撥水加工

通気性を損なわずに、水を弾く加工。
ダウンにやってもらったが、防水スプレーを振りかけた時みたいに水をガードしていた。
でもよく考えたらダウンは防水スプレーをかけられるから、別な洋服にしてもらえば良かった……。
おすすめの衣類はコート、スポーツウェア、年に数回しか着ない礼服。

ウェット加工

洋服を水浸しにして届ける…ではなく、ドライ+水洗いの2度洗い。
汗、臭い、油汚れをよく落とすうえ、消臭効果や黄ばみ防止効果もあり。
おすすめの洋服はスーツ類。普段スーツは着ないので、これも未経験。

ダブルリファイン加工

生地の風合い・光沢を復活させ、静電気を防止する効果がある加工。
お気に入りの毛玉がぽつぽつ発生し始めたストールにやってもらったところ、明らかに光沢と質感が復活して大満足でした。
おすすめは動物性繊維の洋服。

防菌・消臭・防臭加工

その名の通りの加工。
衣類にこびりついた煙草の臭い、油ギッシュな臭いが苦手な人におすすめ。
私はこの加工は未経験だが、プレミアム会員のクリーニングでも嫌な臭いはさっぱり落ちたので別に頼まなくてもいいかも。

ノリ固め・ノリなし

Yシャツのノリの固さを「ノリ固め」or 「ノリ無し」のどちらかにできる。
普段スーツを着ないので、これは頼んでない。

折り目加工

パンツに折り目を復活させる加工。
普段着にやってみたけど、1回洗濯したら跡形も無くなったので、やるなら洗濯しないスーツとかがいいかも。

料金シュミレーターで集荷前に金額を確認するのがおすすめ

さて、ここまで解説してきたリネットの料金についてですが、実はリネットは集荷後にクリーニング工場での洋服の検品が終わるまでは金額が確定しないシステムになっています。

でも、だいたいどのくらいの金額がかかるのかって、事前に知っておきたいですよね。

そんな時は集荷前に、自動で簡単に料金を教えてくれる、【料金シュミレーター】という機能を使いましょう。
使うタイミングをもう少し分かりやすく言うと、

リネットのクリーニングの流れ

  • 申し込む
  • クリーニングする洋服を決める ←ここで料金シュミレーター
  • 集荷
  • 料金確定メールが届く
  • クリーニング
  • 配達

上記の感じ。クリーニングに出す洋服が決まったタイミングで料金シュミレーターを使います。

リネットを初めて利用した時に私も使ってみましたが、事前に料金シュミレーターで算出した金額と、実際の金額が同じでした。

そんでもって、料金シュミレーターがどこにあるかですが、Googleで『リネット』で検索すると、

グーグル検索結果

上のスクショのように1番最初に出てくるので、赤のマーカーで囲ってある箇所をそのままクリックしてください。

料金シュミレーターのページに飛ぶので、あとはクリーニングに出す洋服を選択するだけです。

クリロナアイコン微笑み
クリロナ
リネットのデメリットとして「事前に正確な金額が分からない」ことを口コミでよく見かけますが、これを使っておけば問題ないと思いますよ。

Lenet(リネット)の料金についてのまとめ

リネットの料金についてかなり詳しく、まだ利用したことがない人にも分かりやすいように頑張りましたが、参考になりましたでしょうか。

長くなってしまったので、最後にこの記事の要点をまとめておきます。

この記事の要点

  • コートやダウンを4枚以上クリーニングに出したい人以外は、リネットを利用するとお得
  • 料金的にも品質的にもプレミアム会員が圧倒的におすすめ
  • リネットの料金は「会員費」「送料」「衣類の料金」「追加料金」「オプション加工料金(任意)」の5つを合わせた金額
  • 料金シュミレーターを使えば事前に金額がわかる

これでリネットの料金については大丈夫ですね。
リネットは私もよく利用する、高品質で便利さNo.1のおすすめの宅配クリーニングサービスなので、料金に納得した方は是非使ってみてください。

クリロナアイコン微笑み
クリロナ
それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!
クリロナでした!ぼぉぉぉう!!